FABLAB浦和-Beta

テクノロジーとデザインで人々の生活が豊かに(quality of life、QOL)なる事を願ってクリエイターの方々を支援していきます。

Monthly archive 1月, 2017
春までに「シルクスクリーン作り(5)【試し刷り】kiroku」

春までに「シルクスクリーン作り(5)【試し刷り】kiroku」

やっと本日試し刷りです!。 今日のゴールはこれから制作する上で必要となるエプソンへのロゴ入れ。 多分、暫くするとインクだらけになると思いますが。 さて、今日は作業が盛り沢山。 そして重要なのは「感光」という時間の制約、定量的に把握するというシビアさ。 これからの作業において今日は重要な要素がいっぱいあります。 まずは 1.版下焼き付け_その準備(焼き時間の目処付け) 感光させるって言っても一体どの […]
春までに「シルクスクリーン作り(4)【版の準備】kiroku」

春までに「シルクスクリーン作り(4)【版の準備】kiroku」

やっとここまでやってきました。 今日は昨日作った感光乳剤の塗布とチェック用シートの製作。 まずは 1.感光乳剤の塗布作業 準備するものはこんな感じ a.感光乳剤 b.紗を張った製版枠 c.バケット d.スクレーパー e.塗布した後に立て掛ける為のラック 大事な事があります。 感光乳剤は光に当てると硬化していくのでこれからの作業は暗い室内でしかできません。 なので写真が汚いですが、ご容赦を。 ではま […]
春までに「シルクスクリーン作り(3)【感光乳剤の準備】kiroku」

春までに「シルクスクリーン作り(3)【感光乳剤の準備】kiroku」

製版までの道のりは結構遠いです。 今回は版を作る為の重要な「感光乳剤」の準備。 まずは感光のしくみを簡単に説明します。 感光乳剤はジアゾ薬と乳剤を混合して作ります。 正確に言えば耐水性厚膜用感光乳剤(酢酸ビニール系) 仕組みはジアゾは紫外線を浴びると化学反応(硬化)します。 建築設計とかやっていた人ならば「青焼き」というのを使ったことがあるのではないでしょうか。 あの青い図面。そうそう「ジアゾ(焼 […]
春までに「シルクスクリーン作り(2)【紗張り】kiroku」

春までに「シルクスクリーン作り(2)【紗張り】kiroku」

さて、次回に引き続き製版を作る為に、木枠に(テトロン)紗を張っていきます。 紗の材料には言葉の由来である絹やナイロン、テトロン、ステンレスなどがあります。これらの繊維の「網目」からインクが押し出されていくのです。 従って、網目のサイズが印刷物のジャギーや繊細さを決める事になりますが、細かくすればする程、インクの目詰まりが発生するので適切な選択をする事が重要みたいです。この網目のサイズを「メッシュ数 […]
春までに「シルクスクリーン作り(1)kiroku」

春までに「シルクスクリーン作り(1)kiroku」

新年明けたばかりですが、春が待ち遠しいです。 早く、トレーナーを背負ってTシャツで動き回れる季節を期待してしっかりとシルク印刷作りの準備をしていきます。 自分だけのTシャツを作りたくて。TシャツプリントのWEBサービスもありますが、何故自分で1から作る事に拘っているかと言いますと。 シルク製版ができるようになれば、衣類のプリントだけではなく、合板、アクリルへの印刷ができるようになります。 印刷する […]